お知らせ 相続税について

2015年より相続税の仕組みが変わりました

日本経済新聞 平成27年1月3日掲載記事より抜粋

例えば、夫80歳、妻75歳、長男50歳、長女45歳で、夫が死亡した場合、夫が残した財産(マンションと預金、現金)8000万円の相続は、妻が2分の1の4,000万円、長男、長女はそれぞれ4分の1の2,000万円ずつ相続となり、相続した8,000万円に対し、2014年の改定前までは相続税が発生しませんでした。
しかし、2015年からは相続税の非課税枠が縮小したことにより、法定相続人が3人の場合の基礎控除額は4,800万円(3,000万円+600万円×3人)となり、4,800万円を超える場合には相続税が発生することになりました。
この相続税改正に伴い、相続税を払う人の割合は今後増えることと思われます。

 

保有されている不動産について査定などのご相談がありましたら、下記お問合せフォームボタンよりお問合わせください。

お電話、メールなどでもお問合わせ可能です。